益田市かもしま西町の「かもしま歯科」のホームページです。
〒698-0047 島根県益田市かもしま西町 2-12
お問い合わせ・ご予約は

0856-32-3132

歯を磨く時の力 

皆さんこんにちは!
歯科衛生士の増野です


梅雨が本気をだしてきたこの数日、、、
すごい雨でしたね

さて、今回はオーバーブラッシングについて
お話します


オーバーブラッシングとは、力強く磨いてしまうことです!
皆さんは普段の歯磨きの際、磨く強さはいかがですか?
結構強く磨いているかもという方、
少なくはないと思います

オーバーブラッシングが良くないのには、歯ぐきを痛めつけてしまうからです。(左の写真)


歯ぐきが下がってきたり、傷口から細菌が繁殖したりすると、痛みの原因につながります。


歯ぐきが下がると、歯の根っこの部分が露出し
冷たいものがしみてきたりします。


せっかく健康な歯ぐきなのに、不適切な磨き方で
歯ぐきを傷つけてしまうのはもったいないですね

 

主な原因は力加減です。過度な力で磨いていると
歯ぐきは柔い組織ですので、傷つけてしまいます

 

適切な力での磨き方を身につけましょう!

まずは、歯ブラシの持ち方です。


上の二種類の持ち方をみてください。


左のペングリップという持ち方は、その名の通り
ペンを持つようにして歯ブラシを持ちます。
この持ち方は、比較的力が入りにくく、適度な力で
磨く事ができます。


右のバームグリップというのは、手のひらで歯ブラシを握るようにして持つ持ち方です。
こちらは、かなり力が加わりやすい持ち方です。


皆さんはどちらの持ち方でしょうか?
あとは、力加減です。
おもに適切な力加減は150~200gm程度です。
どれくらい?とイメージしにくいですね


うちのスタッフにきいてみたところ、
手の甲に当ててくすぐったいくらいの力 とのことでした!
お家で試してみてください!


皆さん、力加減もう一度意識してみてくださいね!
それでは、失礼いたします

Top